トーカイパーティションイメージ
トイレブース
エースシリーズ
アルミパーティション
エール50
不燃対応
スチールパーティション
ハイソシア不燃50D・60D
ローパーティション
スペースライン
公共施設用パーティション
スライディングウォール
天井付組立ブース
ワークステーション
集合住宅用物置
トランクルーム
Sliding Wall 
エースシリーズ写真
人々が集う空間に呼応した、自由な雰囲気を演出します。
会議室やホテルの宴会場、多目的ホールなど、フロアをその時々の目的、用途に応じて仕切ることで、 限られたスペースをより効率よく活かすことができます。間仕切り壁に必要な高い遮音性や、人々が集う空間に呼応した、自由な雰囲気を演出します。
評価書
  • 公共施設
  • 教育施設
  • 商業施設
スライディングウォール 一覧表
通常型パネル

名称 50型 60型 70型
パネル枠見込寸法 50mm 66mm 74mm
面材厚使用限度
(t)
6 6 10.5
枠・笠木・巾木 アルミ押出型材 63S T5処理 B2仕上 銀色アルマイト
充填材 ロールコア グラスウール グラスウール
レール圧接装置 ナシ プッシュ式・ギア式 ギア式
床圧接装置 プッシュ式 プッシュ式・ギア式 ギア式
壁圧接装置 ナシ(組込可) ナシ(組込可) ギア式
パネル巾の最小値 500 500 500
パネル巾の最大値 2,200 2,200 2,200
パネル高の最大値 3,500 4,000 4,000
巾及び高の組合せの
最大値※1
2,200×3,500 2,200×3,500 2,200×3,500
使用標準レール AC-1・AC-2・AC-3 AC-3・AC-4・AC-5 AC-3・AC-4・AC-5
標準面材 詳しくはお問い合わせください
概算骨組重量 7kg/m2 10kg/m2 11kg/m2
遮音型パネル

名称 80型 木製パネル ガラスパネル
パネル枠見込寸法 88mm 50〜80mm 50mm
面材厚使用限度
(t)
13.5 6(50厚の場合) ガラス・アクリル板
(別途工事)
枠・笠木・巾木 アルミ押出型材 スプルス等 アルミ押出型材
充填材 グラスウール ロールコア
グラスウール
ナシ
レール圧接装置 ギア式 プッシュ式・ギア式(60厚以上) ナシ
床圧接装置 ギア式 プッシュ式・ギア式(60厚以上) ナシ
壁圧接装置 ギア式 ギア式(60厚以上) ナシ(組込可)
パネル巾の最小値 500 700 600
パネル巾の最大値 2,200 1,200 1,200
パネル高の最大値 5,000 3,000 4,000
巾及び高の組合せの
最大値※1
2,200×3,000 1,200×3,000 1,200×4,000
使用標準レール

AC-3・AC-4・AC-5・AC-6

AC-1・AC-2・AC-3

AC-3・AC-4・AC-5・AC-6

標準面材 詳しくはお問い合わせください
概算骨組重量 15kg/m2 厚み・仕様による 6kg/m2(はめ込み材は除く)
  1. WH何れかが2,200迄のパネルは車載が可能です。完成品を納入する為、動線確保が必要です。
仕様
ハンガーレール 表に明示
ランナー(スライダー) 表に明示
芯材 スチール角パイプ、アルミ角パイプ、乾燥木材等を骨材とし、
これにロールコア、グラスウール等を組合せます。
圧接装置 50型は下部に内蔵された装置とプッシュボルトが、前のパネルに当たり、下向き運動となり、パネルの下部のクッション材が床に押しつけられて隙間をふさぎます。60型はパネル上部にも、同じ装置が組み込まれています。70・80型では、パネルの上下両側面に全巾、モヘアを差し込み、塩ビクッション材を差し込んだアルミ型材を、これとすり合わせて上下させ、隙間部分の機密性を向上させ、遮音性能を高めています。型材の上下は内部の圧接装置をハンドル操作により行います。
床レール 特殊な場合を除き使用しません。
パネルの重量計算
パネルの重量にあわせてハンガーレール、ランナーの選択をします。
特に遮音パネルの場合は重い表面材を使うため、強度不足のレールやランナーを使えばすぐ壊れますし、重量が集中する格納部では建物自体に悪影響をあたえかねません。
従ってパネルの概算質量計算をするのは大切なことと言わなければなりません。

  1. パネルのW寸法を決め、1m2を計算する
  2. 骨組の概算重量を調べ、パネルのm2を掛ける
  3. 面材の重量を調べ、2倍してパネルのm2を掛ける
  4. 2と3を足して、重量を出します。

例:80型 PW=1,150 PH=3,000   
  面材 鋼板0.6+プラスターボード 12.5として   
  1. 1,150X3,000=3.45(パネル1枚のm2
  2. 16kgX3.45≒55.2kg
  3. (4.71+8.50=13.21kg)X2=26.42X3.45≒91.2kg
  4. 55.2+91.2=146.4kgとなります

※骨組重量は 900×2,400 で計算したため、小さいパネルでは重く、大きいパネルは軽くなります。
施行例
※仕様は商品改良のため予告なく変更することがあります。※商品写真は、撮影やご使用のモニターの関係で実物の色と異なる場合がございますのでご了承下さい。